セカンドオピニオンの本当の大切さに気がつく事

新しい光セカンドオピニオン

セカンドオピニオンは最近まで言葉を聞くことすらなかったのですが、ようやく我々一般人の耳にも届いてきました。
その背景には、自分も治療の決定に関わる医療に変わってきたという世の中の背景があります。
ただ患者にとってはこの制度を行使するのはかかりつけの医師を説得する苦労と医師の度量を見極める必要があります。ここが一番のポイントです。
医師の度量が低いと簡単に転院や転医を進められかねません。
そうなっては元も子もないので医師を説得できる熱意がどうしても必要なのです。
セカンドオピニオンは主治医を変えるという意味ではありません。
信頼の置ける第三者の意見を取り入れ主治医とともに治療法を選択するというのがセカンドオピニオンの考え方です。

セカンドオピニオンの本当の重要さと大切さ

主治医との信頼関係をしっかり踏まえて、何のために第三者の意見を聞くのか、紹介状を書いてもらえるのか、そしてセカンドオピニオンを行使した後、主治医にキチンとフィードバックができるか、結果としてどういう治療法が良いのかを共有できるかどうかが一番のポイントになってきます。
できれば専門分野に知識を持った名医を紹介してもらいたいものですね。
それには主治医との綿密なコミニュケーションが必須となってきます、しっかりと自分の意見を伝えしっかりした医師を紹介してもらい、それを主治医と共有し、治療を進めていきましょう。
まず準備と心構えをしっかり持ち主治医と真剣に向き合って第三者の意見をしっかり受け止め、主治医と結果を共有し治療に向かっていきましょう。